快適リフォーム

トップページ > 快適リフォーム

耐震補強(外壁2)

ひとつ現場が終わってまたはじまります。
今度も外壁からの耐震補強です。
長年かけていた建物の保険が満期でそれを効果的に利用するのには
”耐震補強だ”と決心されたそうです。
これから約1月半 工事の様子を報告します。

ほぼ完了

足場解体
足場解体

before after(ビフォーアフター)

狭いところも
狭いところも

約1月半かけて外壁の補強を進め、ようやく足場を解体します。
既設の外壁仕上げをめくってみるとあるはずの筋かいがなかったりないはずのところにあったり・・・
古い家は図面とは違う施工がしてあるケースがままあり、悩ましいことが起きます。
それでも現場で臨機応変に対処していくためには経験が必要です。
一方的に言い放つのではなく、大工さんと共に”家にとってよくなる方向でともに考える”この姿勢で対処します。


トンボ

軒先、けらばの漆喰(しっくい)の補強に
軒先、けらばの漆喰(しっくい)の補強に

before after(ビフォーアフター)

小さな鏝で
小さな鏝で

最近の新しい家ではほとんど見られなくなった軒先やけらばの
漆喰(しっくい)塗り
薄く塗るのではがれてこないようにステンレスの釘に麻のひもを縛り付けたもの(とんぼ)を細かい間隔で打ち付けてその上に漆喰をぬっていきます。離れて観るとトンボが止まっているようにもみえます。

釘と漆喰(しっくい)

釘の確認
釘の確認

before after(ビフォーアフター)

屋根の漆喰
屋根の漆喰

外壁を補強する構造用合版はそれを止める釘の使用、間隔まで規定されています。
釘N50@100 と明記されていたら、JISで規定されたN50という釘を100mm(10cm)ごとに打ち付けるという意味です。
大工さんは精度を要求されない部分の釘打ちは鉄砲という連続して釘が打てる機械を使います。その”玉”としてN50の釘がロール状になっています。時々勘違いする大工さんもいるので要注意です。

寒空の中黙々と屋根の面戸(”めんど”と読み屋根が壁にぶつかる部分の隙間)部分に漆喰を塗っています。手間がかかります。

狭いところで・・・

頭を保護しながら大工さんは頑張ります
頭を保護しながら大工さんは頑張ります

before after(ビフォーアフター)

通気胴縁の取り付け
通気胴縁の取り付け

金物で補強し、さらに合版で面材補強し、通気防水シートを張ったら、外壁材の鋼板を張るための下地(胴縁  ”どうぶち”)を取り付けます。昔はさほど問題にならなかった”通気”に気を配り
家全体が蒸れないよう断熱材の外側で空気の通り道を確保します。
横に打ち付けた胴縁に下からの空気が通るよう穴が開いています。

二人ががり

二人ががりで何とか・・・
二人ががりで何とか・・・

before after(ビフォーアフター)

補強の後は通気防水シートを張って・・・
補強の後は通気防水シートを張って・・・

建物の外壁を補強するのは天気との戦いもあります。
一つの職種で雨風の始末をした上で、次の面(東西南北)
に手を掛けます。
中途半端なやりかけでは、雨漏れの心配があります。
天気との折り合いをつけるのも「外壁補強」の特徴です。

一つずつ

柱に番号を付けて上と
柱に番号を付けて上と

before after(ビフォーアフター)

下と・・・
下と・・・

外壁からの補強は土台、柱、桁がすべて表しになるので確実に補強できます。
昔は釘だけでよかった筋かいの端部の補強も今はその強さに応じて
金物が必要です。
柱の足元、頭部分、筋かいの端部 みんなまとめて一つずつ番号で整理しながら補強します。

足場の中は

建物の周り全体に足場を掛けます
建物の周り全体に足場を掛けます

before after(ビフォーアフター)

狭いところでの作業です
狭いところでの作業です

敷地に十分余裕があればももう少し広い作業空間が確保できますが
他人様の敷地にはみ出ずにやるには、足場の中は狭い空間となります。
それでも工夫して大工さんはやります!

まずは足場から

これから
これから

before after(ビフォーアフター)

足場を掛けて・・・
足場を掛けて・・・

外壁からの補強はまず足場(あしば)が必要です。
人が背丈より高いところで連続的に作業するにはやはり足場は
不可欠です。
安全な作業環境が整って初めて確実な仕事ができます。

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ