快適リフォーム

トップページ > 快適リフォーム

耐震補強(内と外)1

築35年の建物を外壁と内壁の両方で補強します。
まずは基礎の補強をするのに鉄筋を組んで、コンクリートを打設して
鉄筋コンクリートの基礎にします。

筋かいと構造用合板

既設の筋かいはどこ?
既設の筋かいはどこ?

before after(ビフォーアフター)

これで強くします(構造用合板)
これで強くします(構造用合板)

土壁の家では筋かいが内側にあったり外側にあったりで探すのも一苦労です。大工の感と経験が頼りですが、たまには過去の経験の思い込みが邪魔します。
こうして補強した後外壁を一新します。

壁の次は窓を小さく

大きな窓を小さく
大きな窓を小さく

before after(ビフォーアフター)

その分壁が大きく
その分壁が大きく

窓を小さくしたいというお客様の要望で、そこに新たに壁を設けて補強します。
新しく基礎を補強して、柱を設けて・・・
木造軸組み工法ならではの融通のききやすさがいかんなく発揮できる改修です。

壁を新設

掃き出しサッシの窓面を
掃き出しサッシの窓面を

before after(ビフォーアフター)

半分壁にして筋交いを入れます
半分壁にして筋交いを入れます

お客様の要望で南側の窓を小さくして新たに壁を作り、家を補強します。

基礎の補強

補強前
補強前

before after(ビフォーアフター)

鉄筋を組んで
鉄筋を組んで

壁を強くする所は基礎も補強して・・・

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ