快適リフォーム

トップページ > 快適リフォーム

耐震補強(内と外)3

新しく盆前からスタートした耐震補強の現場
内側床と天井をそのままにする補強
外側外壁の上からする補強
どちらもなるべく"みちづれ”工事を少なくして工事費をおさえた
工法です。
約1月半の予定でスタートしました。

外も補強して完成!

外壁1
外壁1

before after(ビフォーアフター)

外壁2
外壁2

外壁を剥がさず、上からコンクリートの基礎と共に一体化する補強方法がこれ!
「アイワン」と洒落た名前が付いていますが、見え方は人それぞれ好き嫌いがあります。

仕上げ無し

仕上げしなくても・・・
仕上げしなくても・・・

before after(ビフォーアフター)

こんなに綺麗
こんなに綺麗

押入れや納戸の補強ならあえて仕上げをしなくてもこんな感じに仕上がります。
合板ではこうは見えませんが、ダイライトという白い建材ならこんな感じです。
余分なことにお金を掛けなくても、他にもっと有効に使えます。

押入れ、廊下

押入れはお得
押入れはお得

before after(ビフォーアフター)

想定外
想定外

押入れは補強の宝庫!(前回のお話)
めくって見ると”想定外”の筋かいが現れることがあります。
想定外”でも慌てず、より家が強くなる側(安全側)に対応して行きます。
そこが場数を踏む経験の良さです。

適材適所

外から補強
外から補強

before after(ビフォーアフター)

隅を補強
隅を補強

建物の中からだけではなく、外からの補強もあります。
部屋の都合上どうしても中からできない場合や事情がある場合は
こういう鋼製の筋かいで比較的簡単に補強する方法も採用します。

狭いところでで

押入れは狙い目1
押入れは狙い目1

before after(ビフォーアフター)

押入れは狙い目2
押入れは狙い目2

全体のバランスを見ながらの耐震補強の設計をしますが、押入れは一度に3方の壁を補強できる耐震改修の”狙い目”です。
大工さんに狭いところで仕事をしてもらいます。

まず和室から

この壁を
この壁を

before after(ビフォーアフター)

補強の下地を入れます。
補強の下地を入れます。

平屋の大きな家なのでバランス良くまんべんなく補強するには順番に各部屋から補強をしていきます。
まずは和室の壁から補強をします。

物入れも

造り付けの物入れも
造り付けの物入れも

before after(ビフォーアフター)

補強します
補強します

押入れ、物入れは仕上げ材の安価なことが多く、一度解体すれば3方の壁を補強できる強みがあります。
全体のバランスを見ながらも、押入れの補強を優先して考えれば少しでもコストダウンにつながります。

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ