快適リフォーム

トップページ > 快適リフォーム

耐震改修(内と外)6

昭和56年5月以降の木造の建物は市町の耐震改修補助の対象外です。
それでもやっぱり不安な方は、有料で診断し補強します。

最終仕上げです

できてしまえば見た目にはほとんど変わらない(変わらないように材料、色も合わせています)耐震補強も、説明を受け、進行する工事を目の当たりにしたお客様は自分の家が強くなったことを実感します。その安心感が余裕を生みます。
工事中ご不便をおかけしたAさん ありがとうございました。

そして仕上げへ・・・

通気防水シートの上に外壁材を張ります
通気防水シートの上に外壁材を張ります

before after(ビフォーアフター)

押入れの中を復旧します
押入れの中を復旧します

天気に恵まれ進めてきた工事もいよいよ終盤です。
外壁塗装をして、工事をするために仮に外したエクステリアを元に戻せば完了です。

外から内へ

軒の天井もこの際・・・
軒の天井もこの際・・・

before after(ビフォーアフター)

押入れは補強箇所の宝庫
押入れは補強箇所の宝庫

外回りを補強したら、外壁材を仕上げる間に天気を見て内部に移ります。
押入れは中を解体すれば3方向補強ができる部分で、安価に改修するための定石です。

場所を変えて

筋かいの端部と柱の接合部の補強です
筋かいの端部と柱の接合部の補強です

before after(ビフォーアフター)

南側の補強です
南側の補強です

建物全体を見てバランスよく、場所を変えて補強します。
外壁の補強が終わったら内部の補強に移ります。

順番に

補強したら雨対策
補強したら雨対策

before after(ビフォーアフター)

空気を通すための工夫(通気確保のための隙間)
空気を通すための工夫(通気確保のための隙間)

既設の外壁をはがして、補強をしたらとりあえず雨対策をして
他の補強箇所と合わせて外壁工事ができるよう待ちます。
外壁材の裏に水が回っても抜けるように空気と水が通る隙間を確保します。

いよいよスタートです

補助対象外の比較的新しい建物は筋かいが入っていますが、その止め方に今の基準上問題があり(その当時は問題なし)結局補強が必要となります。
外部と内部にわたって約1月掛けて工事を進めます。

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ