快適リフォーム

トップページ > 快適リフォーム

 完成!  築57年耐震リフォーム4(間取り変更)

築57年の家

57年の歳月を経た家を再びよみがえらせるためにリフォームします
少し時間がかかりましたが、ようやく完成しました

まずは撤去から

長年ありがとう
長年ありがとう

before after(ビフォーアフター)

大工さんありがとう
大工さんありがとう

国の補助金も入るので国会審議の動向如何で施工する部分の着工が制限されるなかとりあえずできるところからスタートします。
PM2.5ではなくてもマスクは欠かせません。

次は基礎

中を解体したら
中を解体したら

before after(ビフォーアフター)

基礎を作ります
基礎を作ります

間仕切りの変更を伴う大掛かりな耐震リフォームは事前の見極めが大切。補強すれば取れる柱と取れない柱を計画段階に区別する必要があります。
新しく壁を作る下には基礎を新設します。

基礎の次は・・・

鉄筋コンクリートの基礎の次は
鉄筋コンクリートの基礎の次は

before after(ビフォーアフター)

桧の土台です
桧の土台です

57年前の土台(左)と30年前に増築した部分の土台(右) と新しく追加した土台(手前)  
物が不足していた時代の建物は無理をしています。
こうしてみると時代を感じます!

柱を追加して・・・

柱を足して
柱を足して

before after(ビフォーアフター)

梁を補強して
梁を補強して

間取りが変わると当然ながら壁の位置も変わり、それに伴い柱も変わる 当然のことを出来てしまえば何もなかったかのように安全を確保しながら事を進めるのがプロの仕事見えないところほど頑丈に・・・
大切なことです。

梅雨の合間に

レッカー据えて
レッカー据えて

before after(ビフォーアフター)

瓦と土を撤去します
瓦と土を撤去します

例年より早い梅雨入りにあたふたしながらもその合間を縫って
屋根瓦や屋根土の撤去を進めます。
水の事を考えると雨はほしいけど工事の都合をいえば降ってほしくないし・・・
この業界の二律背反する悩みです。

屋根の断熱」

雨の合間に
雨の合間に

before after(ビフォーアフター)

断熱と通気と
断熱と通気と

既設の構造体のいいところは生かしながらも悪いところは取り換えて高性能断熱材(熱伝導率0.019で目下最高!)と通気層で熱が室内に配流のを防ぎます。

屋根を済ませば

梅雨の雨を避けて屋根完成
梅雨の雨を避けて屋根完成

before after(ビフォーアフター)

雨の心配がなくなれば・・・
雨の心配がなくなれば・・・

屋根が完成し雨の心配がなくなれば内部が進みます。
間取りが変わるのに合わせてお風呂(ユニットバス)も変わりその組立の真っ最中!

さらなる補強

三角は強い!その1
三角は強い!その1

before after(ビフォーアフター)

三角は強い!その2
三角は強い!その2

天井裏も壁裏もできてしまえば隠れてしまう部分に斜めの材を追加して(雲筋かい、壁筋かい)三角形を作って補強します。

よみがえる小屋梁

飴色の梁とトップライト
飴色の梁とトップライト

before after(ビフォーアフター)

さらには天井下地も組んで・・・
さらには天井下地も組んで・・・

屋根の外側で断熱して、室内でさらに羊毛の断熱材で内部を守ります。
北側の屋根から落ちるトップライトの光は柔らかく、通風を確保するのにも効果的です。

補強+断熱

まずは構造用合板で外壁を補強して・・・

before after(ビフォーアフター)

次にその上から断熱材を・・・
次にその上から断熱材を・・・

構造用合板で補強した後さらにひと手間かけて断熱材で家をくるみます。
強さ省エネ」これからのリフォームの合言葉です。

壁土を塗れば・・・

工事前は荷物置き場
工事前は荷物置き場

before after(ビフォーアフター)

壁土を塗って・・・
壁土を塗って・・・

屋根で断熱し、天井を羊毛で断熱し、壁は土壁を縫って補修します
炎天下の小屋裏部屋も快適です

完成1

工事の前は
工事の前は

before after(ビフォーアフター)

完成すれば
完成すれば

永の工事の間ご迷惑をおかけしました。
いろいろな事情で遅れ、ご迷惑をおかけしたにも関わらず、いつも
笑顔で対応してくれたOさんに感謝!
幼子をここで大切に育んでいって下さい。

完成2

工事の前は
工事の前は

before after(ビフォーアフター)

完成すれば
完成すれば

家全体を屋根から壁から内も外も耐震リフォームしました。
もちろん断熱材もたっぷり!
掛けたお金の分以上に価値ある建物です。

完成3

工事の前は怪しげな物置
工事の前は怪しげな物置

before after(ビフォーアフター)

一部吹抜けと天窓と
一部吹抜けと天窓と

使いにくさゆえに文字通りほこりをかぶっていた小屋裏物置を
吹抜けと天窓(トップライト)で風通し良く明るい空間に仕立て上げました。
空間をたてに使う発想です!
上手に使えば驚くような空間に生まれ変わります!
次はあなたです!

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ