住まい創りへの想い

トップページ > 住まい創りへの想い

総数5件 1

この言葉に「う〜ん」と「そんな」という反応があります。振り返ってみてください。

小さいとき遊んだ家の記憶があなたにもあるはずです。

コンクリートや鉄骨の家や木造でも柱の見えない家だったかもしれない。でもどこかには必ず木が使われていてそのやわらかさ、肌触りに親しんだはずです。

「ただいま」といわずに、家族の顔も見ないでいけた自分の部屋。

大きなテーブルで兄弟そろってわいわい勉強した部屋。

階段が暗く曲がっていて滑り落ちそうになったかもしれない。

吹き抜けが冬は寒くてスースーしたかもしれない。



そうした素材や間取りや使い勝手は空間を規定し、無意識のうちにあなたの行動を制約し、いや応なくその中で育った今のあなたが、自分の気にいった家を建てようとしている。



「住まいは人を育てます。」

こうありたいと想うような家にすれば、自分がそして家族が不思議とそうなっていくのです。

よく建物金額の10%とか○○%とかいわれますが、中身を決めずに金額は決まりません。

「設計料は無料」とある広告は工事費の中に隠されているだけで、費用は必ず発生しています。

その分 工事の中身は少なくなります。

責任ある仕事は”有料”です。

よくある「相談は無料」とは、こなす仕事量が違います。

地面の中を調べる”地盤調査”をして地面の強さを確認し”部屋毎の概算見積書”を作成しコストをコントロールします。

こなす業務の内容で仕事時間が変わり、人件費が変わるのは明快で、ご予算に応じて設計と監理(図面のとおり建物ができるか確認する・・・要は手抜きされないように見張る仕事)を分けそれぞれ任せる仕事量に応じて金額を選択できるのは今の時代当たり前です。


2009年1月に国土交通大臣の告示15号が出て、こなす業務の内容とそれにかかわる時間が明記されました。
↓これをクリックすれば内容が確認できます。
http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/200901/00005000.pdf
少し長いPDFですのでご容赦を!

自分が納得して完成した図面は航海に出るときの航路を書いた海図みたいなものです。

それがなくては、船は進みません。
 
設計が完了すればいよいよ船出です。

でも人間のやることですから、悪意による手抜きはもちろん、悪い人ではないけどうっかりによるミスはありえます。

そのときに手直し、やり直しによって儲けの変動する立場ではない第3者(監理者)による現場のチェックが必要で、施工者、職人の都合の勝手な変更やら手抜きやらうっかりミスがそのままでは困るのです。

もちろんお客様が確認できればそれに越したことはありませんが、時間や専門的知識等が必要で現実的にはなかなか難しいことです。

そのために施主の意向と設計図を熟知した設計者が図面のとおりに工事が進むことを確認していくことが監理という仕事です。(資格があれば設計者でなくてもかまいませんが設計者は図面を熟知しています)

合理的な理由と施主の了解なしの変更はやり直しです。

もちろんそうならないように現場を誘導していくのが監理者の腕前です。

耐震補強といってもそのやり方はいろいろです。
まず診断書に基づいて全体を把握します。
その次に
”部屋の中から工事をしてもいいのか?”>”外側からだけしか工事できないのか?”
その程度にもよりますが、工事中の生活の質に大きく響きますので

じっくりお話をさせていただきます

方針を決めたら、全体のバランス、強度を確認しながら補助金が申請できるまでの補強方法を検討します。
その方法のメリット、デメリットを十分ご説明、ご了解のうえ設計図としてまとめます。
それに基づき、施工業者の見積りを取り、ご納得の上工事を進めます。
もちろん工事中も図面のとおりにすすでいるかチェックするのも大切な仕事です。

耐震診断・耐震改修についてはこちら

愛知県の耐震診断事業に、平成15年より180件以上の実績があり、いくつかの耐震改修も(39件)手がけてきました。(2015年1月現在) 
2011年には朝日新聞でその様子が報道されました
各種補助金申請のお手伝いから、住みながら工事をする特殊性を考えた「無理のない」耐震補強計画をおつくりします。

また、地域の木造住宅耐震診断員のネットワークを生かした豊富な情報を基に、少ない費用で効果的な耐震改修をご提案します。



今年度は耐震診断を6件(2015年1月現在)をさせていただき、耐震改修工事を2件させていただきました。


また”まず隗より始めよ”で自宅の耐震改修で各種工法を試してみました。

めくってみないとわからない壁の中身を経験と知識と想像力で推定し、診断して、現場の状況に合わせて臨機応変に対応していきます。

「 補強した分だけは家は強くなる という確信で予算に合わせたご提案をします。

詳しい補強方法はこちら

総数5件 1

  • お気軽にお問い合わせください。
  • ネットからお問い合わせください
  • 電話番号:0569-48-2084 携帯番号:080-3979-7911
  • HOME
  • 住まい創りの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内(知多のNACナック建築計画)

  • NAC

一級建築士
統括設計専攻建築士
伝統再築士 
建築士会インスペクターNew!
インテリアプランナー
愛知県住まい手サポーター
木造住宅耐震診断員
いきいき住宅リフォーム支援機構愛知 アドバイザー
愛知県建築開発等指導員
CASBEE戸建評価員
地盤インスペクター
木のいえ担い手マイスター

  • 舟橋朋範のプロフィール
知多スタジオ

知多スタジオ
2012年7月New !
知多郡阿久比町宮津森下7−1
TEL0569−48−2084
  080 -3979-7911(場所はここ
FAX0569−48−1075

マイベストプロ愛知

朝日新聞オススメするマイベストプロ愛知の専門家に選ばれました

加入歴17年

快適さ環境への負荷のバランスを考える”住宅創り”です。


ライセンス証明書(2016期間更新)

地球に緑を

facebook 始めました!

スマホサイトはコチラ